ルミノックス

ルミノックス

日本のメーカーの機械の回復と秋[編集]1980年代が始まるとき、徐々にスイスで
製造されるprecision,A高品質の機械-タイプ腕時計で再評価されることが人気を
回復したと、クォーツに下ものの熟練労働者によって鍛え上げられる
良いルミノックス機械の見張りは切り出します。
クォーツ時計出演の後、メーカーと機械式時計の運動製造を行った専門製造業者の
再編と選択はヨーロッパにおいて進歩しました、そして、オートメーション施設は
生産(コスト削減の視点から部分の処理)にもたらされました、
そして、運動のcommunalizationは世界規模に向かって進みました。
その結果、スイスのエタは、ヨーロッパの機械の腕時計産業への運動供給に
よって大きい割当を占めるようになりました。 したがって、高級ブランドが
市民と同じ運動のタイプを使う間、ルミノックスのブランドは
ケース(精度、終わり、耐久性、デザインを決定するために集まっている最後)で、
私がテクニックと原価を分化に集中させることができた状況にありました。
他方、集まることを実行することができる製造業者、発展からの終わりと若干の特
別なパーツ以外の運動の成果は、ルミノックスマニュファクチュール。


copyright(C)ルミノックスヒストリー